HyperMacが届いた!!

会社という磁場から解放され、仲間全員が社会的常識にも
囚われず、本当にやりたいように自由になれる会社を
追い求めています。

会社という場、どうしても引きつけられてしまう
磁場から解放されたい。
それにはどこでも自由に仕事が出来る環境じゃないといけない。
そう思って、社員全員にMac Book Proを配布しました。
Wi-fiの費用も会社負担です。
データカードも今月中に全員に支給します。
全員といっても四人だけどヽ(´∇`)ノ

どんなに会社という磁場から解放されようと思って
ノートパソコンを使って外で仕事してても、
バッテリーが尽きたらそこでノマドは終わり。
電源のある会社に戻らないといけない。

喫茶店で仕事してたとして、コンセントがある店とは
限らないし、コンセントがあっても、その近くの席に
着けるとは限らない。
そもそも喫茶店とかで電源勝手に使うのはダメ。
一言断りを入れておかないとダメだし、
貸してくれないコトもけっこうある。

でも会社にいれば電源が常にある。

「だったら仕方ないから会社にずっといるしかない」

くだらない。
人は仕事をしたい場所で自由に好きなだけ
仕事ができるべきたと思う。

そう思って、電源問題から解放されるために買ったのが
HyperMac
マック唯一の外付けバッテリー


マックの電源周り、特許があるらしく、Windowsみたいに
自由に外付けバッテリーを作れないみたいなんです。
唯一その問題を解決したのがHyperMac。
どう特許を回避したかは調べてません、興味ないから。
日本では正式に発売されてないので、代理店経由で購入しました。

これ、MacBookProはもちろんのコト、iphoneも充電できるらしいんです。
さっそく試してみました。
DSC00170.JPG
分かりにくいけど、iphoneもMacBookProもちゃんと充電されてます!!
当たり前だけどすごい。
マックの製品でWindowsや日本の機器に比べて明らかにバッテリーの持ちが
悪いんです。iphoneしかり、MacBookProしかり。
レッツノートなら8時間とか持つのに、MacBookProだと公称9時間とかでも、
実際は4時間程度だし。
だからこの外付けバッテリー、地味にすごいそうなんです。
どのくらいすごいかは使ってないから分かりません。

このHyperMacを常に持って、どれだけノマド化、電源がなくても
仕事を続けられるか、試していきたいと思います。
飽きなければ。


JUGEMテーマ:経営
JUGEMテーマ:社長日記
JUGEMテーマ:Macintosh
 
コメント

HyperMacについて調べていてここにたどり着きました。
私もノマド経営、実践中です!
実際、どれぐらい持ちます?
ちなみに私はMBP17(Unibody)です。

  • HIRA
  • 2010/10/01 23:32

僕の持っている奴じゃ全然だめです!!
3分でバッテリーなくなります。。。

せめて大きくて思いサイズを買う事をオススメします。

  • 宮谷
  • 2010/10/02 02:47
トラックバック
この記事のトラックバックURL