大学で講義

 僕が生きてこれているのは、パワポのおかげ。
パワポがなければ僕は絶対にこの生き方で生きられていない。
これは断言できる。

パワポだけで10年間、会社としてやってきた。
僕のパワポでケータイ時代は公式サイトを運営できたし、

(8年位前、あっちゃんもスリム)

開発力ゼロの僕らでもネットで色々と作って来れた。

(地震前だから安心して関東で釣り出来てた)

全部パワポのおかげ。

僕が生きてこれているパワポ、その基礎を作って
くれたのがハタナカ先生という先生。
デジハリ(大学時代にダブルスクールしてた専門)時代に
パワポを教えてくれた先生。
恩師と言っても授業で教えてもらったくらいの
接点しかなかったから、恩師と言うのもおこがましい人。
でも、僕にとっては恩師。
生き方を教えてくれたから。

そのハタナカ先生、今、ひょんな縁で僕の母校の
大学で先生をやっている。
母校で先生をやっている事くらいは知ってたけど、
それだけの間柄。

それだけの間柄だったけど、アプリ出したきっかけで、
ハタナカ先生が僕に講義を依頼してくれた。

小学校から大学まで和光学園育ちの僕。
お母さんもおじさんも和光学園育ち。
会社の仲間も、遊ぶ友達も、奥さんまでも和光の友達な、
超・和光純粋培養の僕。
こんな和光純粋培養が就職せずに、自分のやっている事で
生きている事を現役の和光生に伝えたいそうな。

恩師だし、和光生でも、スキルゼロでも、能力ゼロでも、
コネゼロでも就職しないで生きていける事は、今の所
僕が証明している事は間違いない。
あくまで今の所はだけど。

柔術のジムでロッコツをジョコツと読んでしまうくらいバカな僕だ。


そんな僕でも就職しないで生きていけている、今の所は。
色々な要因があるけど、かなり大きな要因を占めているのが、
恩師のハタナカ先生が教えてくれたパワポ。
僕に社会で生きる武器、パワポを教えてくれた。

柔術がカタオカ先生流なら、パワポはハタナカ先生流だ。

大学生の人達に色々話しながらも自然、パワポの話。
僕がハタナカ先生のパワポで生きて来れてるから、
当然、ハタナカ先生の授業を受けている生徒の人達には
僕が学んだパワポの事を知って欲しい。
だって、そこにはパワポを教えてくれたハタナカ先生がいるんだから。

まあ、さすがに人前で話すから、マジメですよ、そりゃ。

講義というか授業終わって、学食行こうとしてビックリ。
学食のあったビルが超キレイ、建替わってる。


建物は変わっても味は学食。
あの懐かしい味。
DSC04539.jpg

学食食った途端、学生気分。
DSC04534.jpg

全部が懐かしい。
通称ホーチミン広場。
DSC04535.jpg

通学路。
DSC04527.jpg

奥さんは大学直前の、この坂登るのが嫌で、引き返したらしい。
DSC04533.jpg

ちょっとノスタルジックになって学生気分に
浸ってたら、その途端、ものすごいビクビクした。
なんか、イキッてる学生いっぱいるの。
根拠のない自信満々の人達。
歩きタバコで今風なカッコで大声の人達。
昔は僕も根拠のない自信があったから恐くなかったけど、
一拍置いて、大人になってみる超恐い。
学生時代の時からイキッてる学生、大嫌いだったけど、
おじさんになると、より、もう、超恐い。

柔術の同期で大学三年のオザキはよく大学に通えてると思う。
感心した。

オザキだけじゃないけど、僕が普段練習してるジムのみんな。
大半は僕の思い出である大学生時代が今まさにリアル。
同じ時間をすごして会話をしていながら、僕にとっては
一昔前の思い出が、彼らにとっては今まさに現実、リアル。
隔世の感、貴重な場だと改めて思う、ジム。

久しぶりの母校、期せずして講演。
人生、何があるか分からない。

学生さんはやりたい事やってみれ。
僕がそうだったから。
あと、柔術やりたいって人は試しにやってみれ。
ステキだから。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL