二歳児と台湾三日目

ものすごい"ものもらい"に襲われて、痛みで寝れない。

目が大きいというか、ギョロギョロと顔から飛び出てる
せいで、他の人より目ん玉が空気に触れる面積が大きいせいか、
細菌とかのダメージを多く受けるからだろか?
三ヶ月に一回くらい"ものもらい"になる。。。

伝染らないけど、なんか衛生上良く思われなさそうだから
柔術にも行けなくなるしキツい。。。

キツいと言えば、
 キツい時は神頼みすら厭わないくらい嘆賞だったのに、、、
ちょっと楽になった途端、この始末。
喉元過ぎれば熱さ忘れるとはこの事。

まあ、二〜三年、お給料としてはお金を
もらってなかったから、
家族や個人の必要なモノも本当に買えなくて、
って言い訳はあるんだけど、小出しに

ニューバランスの靴買ったり、
チャンピオンのスウェット買ったり、
ipadminiに機種変したり、、、

本当に心根がダメなんだと思う。。。

二度と過ちはくりかえしませんから。
二度と繰り返さないために、売り上げや利益は
お笑いに全力で投資していきます。。。
嘆賞にそう思っていたのに・・・
(今でも強くそう思ってます)

台湾ではあんなに嘆賞だったのに、、、

台湾三日目、この日も二歳児と夜まで二人きり。
ホテルの近くに花博記念公園があるので、
動きたい盛りの二歳児にもってこい。
DSC05673.jpg

かなり広い敷地
DSC05674.jpg

ちょっとしたフードコートもある
DSC05685 (1).jpg

子連れで台湾行く人、ココは子連れに最高ですよ!!

ホテルとこの公園の近所にはビル丸々一棟、魯肉飯の店が
あって、入るのに勇気必要だけど、入ったら絶品

丸林魯肉飯
DSC05695.jpg

魯肉飯でビルが建つだけの事はある。
魯肉飯でビルってヤバい、なんせ魯肉飯なんて安いし。
それでビル建つなんて。

文章力が貧弱なモノで、この魯肉飯の美味さを上手く
伝えられないけど

「激安ジャンクフードの魯肉飯でビルが建つレベルの美味さ」

こう言えば、凄さが分かってもらえると思う。
なんせ、ビルが建つレベルなんだもん。

付け合せに苦瓜のスープ
DSC05696.jpg

苦い。

魯肉飯があまりにも美味しいから鶏肉飯も
DSC05697.jpg

魯肉飯のコッテリとは打って変わって、あっさり塩味。
るの方が好き。
胃が弱い奴は鶏肉飯食っとけ。

子供といながらも、気持ちに余裕がまったくなくて
ヒリヒリ、ヒリヒリしながらの日中。
ホテルと公園と丸林魯肉飯を何往復かで夕方に。
ヒリヒリしてて心ここにあらず。

「せっかく子供と来ているのに、何なんだ僕は」

と思っていたら、日本から朗報。
僥倖のメール。

ご臨終からハイテンション。
ほとんど躁鬱。

奇跡のような状況に。
例えるならロイヤルストレートフラッシュ。

色々なヒト・モノ・コトに感謝でいっぱいで
泣きそうになる。

夜はお祝いだ!!

僕は北京ダックが大好きで、
「北京ダックならいくらでも食べられる」

あばれる君にそう言ったら、
台湾北京ダックの名店を何店も教えてくれた。


一昨日飲んだ時も相変わらず口は悪いけど、いいヒト。

天厨菜館!!
IMG_3080.jpg

ヤマベ(奥さん)も仕事が終り、三人で。

葱餅
DSC05702 (1).jpg

思い出すだけでヨダレが出るサラダ
DSC05701 (1).jpg

北京ダック丸々一羽!!
DSC05704.jpg

皮だけじゃないの、肉も!!
DSC05707.jpg

日本の北京ダックより皮が厚いの
DSC05705.jpg

お祝いだから紹興酒も!!
DSC05699 (1).jpg

北京ダックのコースと紹興酒でお祝い
DSC05703 (1).jpg

贅沢してるように見えるでしょ?
でもね、この北京ダックのコースで4000円くらいなの。
二人で。
激安。

北京ダックが大好物で、一度でいいから腹いっぱい食べてみたくて、
念願の夢が台湾で叶った!!
ついでに仕事の夢も叶った!!
安いんだからお祝いしたっていいじゃない。

大満足で北京ダック食べたけど、やっぱり会社の仲間に
申し訳なくて、後日、渋谷にある天厨菜館行って
お祝いを関係者でした。
台湾と日本の
天厨菜館でどう違うか比べたかっただけなんだけど。

渋谷の
天厨菜館
IMG_3618.jpg

けっこう高いコース頼んだんだけど、一人この北京ダック
一切れだけ・・・
コースだからか・・・

台湾の腹いっぱいの北京ダックと比べると、ものすごく
物悲しい。。。
皮も薄い、美味しいけどお腹いっぱい食べたい。

天厨菜館は台湾で食べた方がコスパもいいし腹も膨れる。

結局、ヤマベ(奥さん)と二人ではとても食べきれず、持ち帰りに。
DSC05708 (1).jpg

ホテルで一人でガッツイて、三日目終了。

台北で丸林魯肉飯と
天厨菜館、間違いない。

台北で僥倖、この喜びはたぶん一生忘れられないと思う。
冗談ではなくて、お笑いのために全力で投資していくつもり。
そうしないと、また、同じ事になると思うの。
そうならないためには、お笑いに全力で投資していく事が
正解だと感じていますm(__)m

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL