東京にある沖縄

起きて伸介さんのテレビを見ていたら、宮古島に民宿作ってた。
宮古島という事もあり、沖縄そばが出ていて、その性で
無性に沖縄そばが食べたくなり、近所の東京にある沖縄へ行き、
沖縄そばを食べる事にしました。

代田橋の甲州街道っていう大きな通り沿いの路地に、
ふと、唐突に沖縄が現れます。

バカかと思われるかもしれないけど、本当に、
唐突に沖縄が現れます。

これが入ったお店らへん

一店だけががんばって沖縄を主張してるんじゃなくて、
奥のお店にはめんそーれ沖縄タウンの看板。
なんの店か分からないけど、店全体で沖縄を主張しています。
商店街の入り口もすごい沖縄を主張しています。

商店街の入り口

甲州街道の入り口にいきなりこんな門

商店街ぐるみで沖縄を主張しているんです。
代田橋の和泉名店街。

商店街の中も沖縄づくしで、
雑貨屋も中華料理やも居酒屋も、沖縄にゆかりのあるモノを
出しています。

沖縄専門の料理屋も、この小さな商店街に3店以上あり、
沖縄、何回かしか行った事ないけど、気分は沖縄。
で、沖縄そば食べてきました。

沖縄そばならぬ、首里そば


首里製麺っていう、この商店街で一番流行ってそうな
沖縄そば専門店に入ったんだけど、
メニューが

「昔ながらの沖縄そばを完全再現した沖縄そば」
と、
「二年の歳月で完成させた、沖縄そばをベースにした究極のそば」

に分かれていて、宣伝文句に弱い僕は、食べる前から
口の中は沖縄そばだったのに未知の首里そばを注文。
「無化学調味料です!!」
っていう殺し文句が止めでした。


弱いんです、押しと自信に。

最初は美味しいんだか分かりませんでした。
沖縄の塩?
豚骨っぽい雰囲気やら、沖縄そばの魚介な出汁の雰囲気やらの
スープに、いい塩を食べた時に感じる、たぶん沖縄の塩の
"ニガリ"な感じが、スープを飲む度に舌に"グッ!"としてきて、
美味いんだか不味いんだか分からない不思議な気持ちになりました。

ラーメンが大好きで、食べたいモノを食べたいだけ食べている事が
人生で最高の幸せだと思っているくせに、太りたくない、矛盾した僕。
普段は好きなラーメンでもスープはあまり飲まないのですが、
この首里麺、気づくとどんどんスープを飲んでいました。
お勘定終わってからも口惜しくて残ったスープを貧乏たらしく
ずいずいと飲んでいました。

美味しいってこういうのかなぁ?
とクビを傾げた首里そぱ。
今度は素直にここの沖縄そばを食べてみます。

仕事もしたいからノートしょって、大好きな
謎の中世風の喫茶ザロフで漫画読んで、ちょっとマスターと
神代文字やらの話をして帰りました。

こういうのが僕にとっての幸せなんだなぁと、
平日もこんな気持ちでいられればいいのに。

不眠症なもんで、こんな時間をこんな風に
ダラダラと過ごせるのはブログのおかげ。
でも読まされる方はたまったもんじゃないと、反省。

首里製麺
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131808/13026107/

JUGEMテーマ:グルメ
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL