死にそうなくらいのヒリヒリ感

全てがいっぺんにドッ!っときた。
盆と正月がまとめて五年分来たくらいに辛かった。
寝る暇ないし、寝ようにも不安と緊張とヒリヒリで
神経が高ぶって寝れないし。

この独特のヒリヒリ感、忘れてた気になってたけど、懐かしい。
このお笑いの事を始めた時から今まで、このヒリヒリ感とは
常に隣り合わせ、すごくツライけど実は僕の日常だった。
実はいつもこのヒリヒリ感とは隣り合わせだった事を思い出した。
実感した。

でも今回はため息もできないくらいな感じ。

仕事もプライベートも他も全部まとめてやってきた。
まあ、おばあちゃんはガンでもなんでもなかったんで
ものすごく大きなヒリヒリの元は一つなくなったから
何週間ぶりかで少し肩の荷を下りた。
少し肩の荷が下りたとたん、
気分が一気に転換した。

本当に気分一つ。
自分の状態を自分でどう捉えられるかで、
自分を取り巻く世界の景色が変わる。
自分で気分を転換できればいいんだけど、
それができたら酒なんて世の中からなくなる。

今では気分が転換して、またいつもの感じになったから
書いてるけど、今日もまた唐突に、盆と正月が来た。

今日はうちの会社が悪質な詐欺にまんまと
はまったであろう事を報告された。
ただでさえ盆と正月まとめて五年分と格闘してるのに、
この虚弱体質で心も弱い僕なのに、追い討ちをかけるように

"通信費を安くするために80万円で借りたクソ電話"

の件の報告。

通信費が年間で16万円安くなるから、たった三台の
型落ちの電話を80万円で借りさせられてしまった。
しかも個人保証だから、会社がなくなっても
僕が個人で払い続けないといけない。

「16万円、毎年通信費が浮くならいいか」

そう割り切ってたけど、今日受けた報告、
通信費安くなってない!!
ただクソ電話を80万円で買っただけじゃんヽ(´∇`)ノ

現在その会社と絶賛奮闘中。

この報告受けた時「自分死ぬんじゃないか?」ってくらい
弱ってたけど、薄情なもので気分一つ。
ばあちゃんがガンでもなんでもない事が分かった今は

「まぁ、揉めているのも含めて面白いからアリだよね」

おもしろいなぁって
ネタとして捉えてる自分がいる。

会社は黒字だし、
始めた頃と比べたら何でもないのに、
この弱り方、イワシ顔負けの弱さ。
昔に比べて弱くなったなぁって思った。
熱まで出てるし。

強くなったのは肝臓ばかり。
肝臓も、連日の痛飲で不快を通り越してもはや筋肉痛。

今日は久しぶりにお酒を抜いて、
仕事と大きな視点での、うちの会社とお笑いと、僕らと
やりたい事、それらを思春期の青臭い中学生男子のように
夢想してようと思う。

まあなんか、このヒリヒリ感、
イヤなんだけど、決してイヤな訳ではないんだ。
必要悪?

原点のとんこつ、英

9年くらい前、あっちゃんとマスダと毎週夜中にラーメンを食べに行ってた。
二年くらい続けた。
一回で二食はしごしたりした。

二年続けたから100店近くのラーメン屋さんを食べ歩いた。

毎週毎週アホみたいにラーメンに行ってるのに
どうしてもたどり着いてしまう店がある。

月に一度は行ってしまって、通ってしまう店がある。
今でも通ってる。

そのお店の一つが経堂・高井戸・渋谷にある『英』



僕にとって、とんこつラーメンの原点。

アホみたいにとんこつ食べてるけど、
いつも気がつくと英に戻ってる。

ものすごく純粋なとんこつラーメン。
こってりと純粋、真逆な感じなのに、
とことん純粋だからとことんこってり。
クリーミーとしか言いようがないスープ。

大学の頃、あまりにも好きすぎて、彼女との
クリスマスのデートに英に連れて行ったら

「クリスマスにラーメンはありえない」

英のせいでふられた。

こんなに美味しい食べ物!!
どんなオシャレなトコにも負けてないじゃん!!
今でも理不尽だと思う。

英はホテルの高級フレンチにだって負けない。

今日も最高だった。
何だあの麺のツルツル感!!
龍鱗麺か!?




http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13000692/


JUGEMテーマ:ラーメン
 

鍋二郎

 二郎が好きだ。
仙川二郎が大好きだ。

DSC00541.JPG

大学生の時、今はうちの会社の税理士のさんちゃんに
二郎に三回連れて行かれた。
最初の二回は

『死ぬかと思うくらいまずかった』

でも、三回目に連れて行かれた時、

『こんなにうまいモノはないんじゃないか』

と思うくらいおいしかった。

大量の化学調味料と油で脳と身体が中毒になったんだと思う。
それ以来二郎が大好きだ。
いつしか、あの殺伐とした店内の独特の緊張感、
ヒリヒリした空気も大好きになった。

二郎と釣り船だけはお客さんより店主・船長さんの方が偉い。
この二つだけは、中世のご主人様と奴隷くらいの身分差がある。
人権なんて二郎の店内では存在しない。
お金を払って奴隷並の扱いを受ける。

時ににらまれ
時に怒られ
時になじられ
時に怒鳴られ

他の客達より食べるのが遅いと何を言われるか分からない。
何も考えずに極悪な量と油のラーメンを一心不乱に掻き込む。
ただただひたすら掻き込む。
余裕なんてありゃしない。

あのヒリヒリ感がたまならなく好きだ。

でもたまにはのんびり、ゆったりと人間として二郎が食べたい。
仙川店ならそれができる!!

鍋二郎。

二郎をテイクアウトして、家で食べるのが鍋二郎。
鍋二郎が出来る店舗はあまりない。
仙川店は鍋二郎をやってくれる貴重な二郎。
地元に二郎があるだけでも幸せなのに、
鍋二郎まで出来るなんて、こんな幸せはそうない。

鍋二郎なら

ゆっくり食べても怒られない
おしゃべりしても怒られない

およそ店内で食べるのとは対極にある開放感。
鍋二郎はロマンだ。

わいわいみんなで二郎食べたかったから、
二郎好きなみんなで鍋二郎をした。

鍋二郎に必要なモノ
DSC00540.JPG

仙川店はスープと麺、チャーシューを別けて入れてくれるから
鍋の他にいくつかタッパーを用意。
麺はハンパじゃない量なのでスーパーのビニールが正解。

DSC00543.JPG

鍋二郎だと、並ばないで買えるという素晴らしい特権もある。
店主さんが持っている鍋を見つけてくれると

「奥入って」

と、お店の奥に入れてくれて、優先的にすぐに作ってくれる。

二郎、ものすごく並ぶから
この並ばないでいいって、嬉しい。
これも鍋二郎の良さの一つ。
でも、並んでる人の視線は痛い、すごく痛い。

「混んでるところすみません」

と店主に挨拶、

「おう!かまわないよ」

仙川店の店主はぶっきらぼうだけど、
実はすごくいい人です。

家に帰って並べてみた
DSC00544.jpg

この脂の量!!
人が死ぬレベル
DSC00545.JPG


スーパーの大きなビニール二つが麺で満杯!!
DSC00546.JPG

ちなみに仙川店は麺だけの販売もしていて、
焼きそばにするとすごく美味しい。
この量、さすがに余るので、冷凍しておいて焼きそば用に。
二郎の麺で焼きそば、贅沢。

チャーシューの量もすごい!!
DSC00548.JPG

DSC00547.JPG

スープの脂が強力すぎるから
油分だけ別に分ける。
DSC00549.JPG
すごい油の量
死ねる

茹でた麺
DSC00552.JPG

盛りつけて完成
DSC00553.jpg

DSC00555.JPG

さらに自分で好きなように盛りつけて
DSC00558.JPG

小皿に取り分けて食べました。
当たり前だけとうまい!!
こんな感じで四杯くらい食べた。
家で二郎を食べられるなんて幸せすぎる。

実家が仙川で幸せ
仙川二郎が鍋二郎やってて幸せ
家で二郎が出来て幸せ

カンタンな人だなあ

JUGEMテーマ:ラーメン

会社に縛られない自由と不自由と怖さ

義務をなくした。
出社義務がない。
当然、

何時来ても自由
来なくても自由
何日来なくても自由
来ても自由

自由すぎて恐い。
正直、旗振り役だった僕ですら恐かった。

仕事しなくなるんじゃないか?
効率が落ちるんじゃないか?
コミュニケーションが取れなくなるんじゃないか?
etc...



今も悩み続けてる。

でも、僕含めみんながんばってる。
自分でどうしようか考えている。
会社のルールと向き合うのではなく、
自分自身と向き合うようになった。
だから恐い。

実際、あっちゃんなんて納期直前に
会社来て、間に合わないからバイク便での
納品を頻発するし、このやろうヽ(´∇`)ノ

でも、あっちゃんも僕も前より仕事に真剣に、
丁寧に取り組むようになったし、
僕はスピードも上がった。

今でも悩んでる。

こんなに自由な形で成り立つのか?

でも、少なくとも前の一般的な会社の形だったら、
この時間に猛烈に仕事をするのって、やりたくても
あまりできなかった。

僕は明け方のAM3:00〜6:00の時間帯が
一番仕事がはかどるし、やる気になるし楽しい。



でも、一般的なルールでやってたら、毎日はとても無理。

明け方のこんなキレイな景色を目の当たりにしながら
仕事を続けていくのは無理。
だって朝起きないといけないんだもん。

今はそれが出来ている。
朝、人より寝てる分、自分の好きな時間、
一番はかどる時間に最高に楽しく仕事をしている。

みんなもみんなの好きな時間、一番やりたい時間に
仕事が出来るようになっている気がする。
もう少し自信を持ってノマドな経営を突き詰めて行きたいと思う。
自信が持てないのは僕が弱いだけ。


JUGEMテーマ:経営
JUGEMテーマ:社長日記

日本一のハンバーガー

会社と家のすぐ近く、
初台の甲州街道沿いにある
ハンバーガー屋さん「ROUTE20」

日本一すぎます。

軽く日本一と言い過ぎですが、
少なくともどんな店にも勝とも劣らないはず。
見てください、このハンバーガー



美味くない訳ないでしょう?
ここ、めっちゃくちゃ美味しいんです。
もう王道。
王道としか言いようがない。
アメリカの王道ハンバーガーを日本で完全に再現した
王道ハンバーガー。
アメリカ行った事ないけど。

工夫に工夫を重ね、コダワリにコダワリを重ねた
日本のハンバーガーとはちょっと違います。
何せ王道。
アメリカでハンバーガー食べたコトないけど。

オーナーがアメリカ人らいしんだけど、
いい意味で、当たり前に普通にアメリカの
ハンバーガーを作っています。

すんごい肉を使ったり
すんごいバンズを使ったり
すんごい野菜を使ったり
すんごい炭火で焼いたり

そんな事は一切していません。
たぶん。

どこの肉かしらない(書いてない)
バンズも自家製かどうかしらない(書いてない)
野菜はきっと近所の八百屋かスーパー(書いてない)
普通の鉄板で焼いている

特にコダワリがあるようには見えません。

最近
「これでもか!!」
ってくらいこだわったハンバーガー屋さんがあるけど、
ここの方が

"当たり前にまっとう"

で、美味しいです。

この日は食べれなかったけど、
ここのステーキサンドもヤバイです。
ステーキがハンバーガーのバンズからはみ出てます。
今度はステーキサンドあるといいなぁ。

こんなんばっか食べてるから下っ腹が引っ込まないヽ(´∇`)ノ

■ROUTE20
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13093707/

JUGEMテーマ:食べある記|グルメ
 

奇跡のナンパ哲学者浜ロン新企画!!

 うちの会社で前から仕込んでいた企画、
ついにスタートしました。

浜ロンの哲学ナンパ論「アダムとイブ」


ナンパです。
ナンパ指南の動画です。
どんな有料の情報商材よりも分かりやすい、
すごいナンパ指南動画です。

引いたでしょ?
ナンパ企画を本気で会社一丸となってやるなんて。

たかがナンパとバカにしないでください、
浜ロンさんの場合は一味も二味も違います。

僕自身、一度もナンパをした事ないし、
ナンパはまったく興味もないけど、
会社ぐるみでこの企画、何年も前からやりたいと思っていました。
何年も前から浜ロンさんに「やりたいやりたい」と言い続けてきました。

たかがナンパの動画企画になぜそこまでこだわるのか?
ちゃんと理由があります。

このナンパ企画講師の浜ロンさんは芸歴10年を超える芸人さんです。
でも、芸人を始めた時、浜ロンさんは舞台の前で極度に緊張してしまい、
まともに舞台に立つ事ができなかったそうです。

「お笑いをしたい」
「でもあがってしまってマトモに舞台に立てない」
「でもお笑いをしたい」

悩んだあげくの解決策が

ナンパ

「とにかくナンパを続けていく事で、他人に対しての恐怖感をなくそう」

浜ロンさんはナンパで、初対面の人に声をかけ、話をする事で、
自分の緊張症と対峙し、治していく事にしました。
緊張症なので浜ロンさん、もちろん、それまで
ナンパなんて事ありませんでした。
ナンパそのものがものすごい恐怖です。
でも、

「お笑いがしたい!!」

この一心で、ナンパを始めました。
女の子を口説くためのナンパではなく、
お笑いをするための修行としてのスタートでした。

好きでもないナンパに、毎日ものすごい数の声かけノルマを
自ら課し続けた浜ロンさん、これはもう修行だと思いました。
いつしか浜ロンさん、ナンパ修行のおかげで、他人に対しての
免疫がつき、舞台でも堂々と振る舞えるようになりました。
こんなに舞台、テレビで動じない芸人さん、
あんまりいないと思います。
全てはナンパのおかげです。
ナンパ、まさに軟派な行為を過酷なまでに自分に課す事で、
浜ロンさんは自分の最も大きな問題、コンプレックスを
克服しました。

ナンパのおかげで緊張が治った浜ロンさんですが、
ナンパ修行は止めませんでした。
以前にも増してナンパノルマを増やし、様々なナンパを
試みるようになりました。

なぜか?

彼の中でいつしかナンパは緊張を治すための目的から、
人生を通じて追い求める『道』そう、ナンパ道にまで
昇華してしまったのです。
そんな道なんてないのに、、、
一人で勝手に道、哲学までに突き詰めてしまいました。

・如何に困難な相手にナンパを行い、自分はどう対峙するか?
・如何に困難なシチュエーションでナンパを行うか?
・如何にナンパした相手にナンパそのものを楽しんでもらえるか?
・如何に多くのナンパを一日で行うか?
・如何にナンパの成功率を高めるか?
・そもそもナンパとは何なのか?

たかがナンパにこんな事を追い求めるようになってしまいました。
これはもうナンパ道という哲学ではないでしょうか?
実際に浜ロンさんと飲んだときに聞かされる、ナンパ論の数々。
ここで書いてしまうとネタバレになってしまうので書きませんが、
関心と驚き、驚嘆の連続。
僕みたいな小心者にはとてもできませんが、それはもう哲学、
一生続けて追い求める道のようなモノだと思ってしまいました。

本当は単に女好きなだけかもしれないけど・・・

それでも浜ロンさんの哲学ナンパ論を聞くと、
浜ロンさんがたった一人で作り上げていった哲学としか
言いようがありませんでした。

ナンパが哲学にまで昇華する

この事実を目の当たりにした僕ら、
哲学ナンパ論を世に出す事は使命だと、
思い込んでしまいました。
バカなんで。

思ったけど自堕落で実行に移せない僕。
代わりに、お金に関係なく芸人さんに挺身する最強の人間、
ハシモトがこの企画の制作を行っています。

この企画、まったくお金にする算段は立っていません。
でも本気です。
うちの会社は本気です。
第一話だけでもいいから見てみてください。
ナンパ、一見、軟派な行為を見る目が変わります。
ものすごく面白くて分かりやすい、心理学の本を
読んでいるような気分になれるはずです。

浜ロンの哲学ナンパ論「アダムとイブ」
いよいよ始まります

浜ロンさん近影

浜ロンの哲学ナンパ論「アダムとイブ」



JUGEMテーマ:ナンパと仕事
JUGEMテーマ:ナンパ

船釣りでサブウェイが食べたい!!(後)

サブウェイが大好きだ。
ローカロリー。
食った気になれる。
野菜とれる。
美味しい。

釣りの時だって食べたい。
でもサブウェイを釣り船で食べるのは大変。

まず港にサブウェイない
あったとしても釣り船出るのAM5:00、開いてない

でも食べたい!!
美味しく食べたい!!

試行錯誤して釣りに持って行く事にした。
注文の時点から工夫した。

・パンがビショビショで濡れてると不味い
→トマトを抜いて水気が出ないように

・スライスチーズをトッピング
→パンと野菜の間に スライスチーズを挟んで、
 野菜の水分がパンにうつるのを避ける

・注文は照り焼きチキン
→肉そのものに味がついてるから、ビショビショの原因の
 ソースを少なめにできる。

とにかくビショビショとシナシナを避ける為に
注文の時点でこのくらい工夫。

次は保存の工夫。
この時期、下手したら余裕で腐る。
万全を期したい。

右はサブウェイ、真空パックで真空状態
左は大量の氷
DSC00365.JPG

新鮮なサブウェイを次の日に食べる。
少しでも新鮮に美味しく食べたい。
しかもこの季節、暑くてジメジメ、すぐに腐る。

解決策は真空。

真空状態なら新鮮に保てそう(根拠はない)
真空状態なら悪くならなそう(根拠はない)

バカだから分からないけど、テレビとかで見た。
真空状態は鮮度を保つには最高。
だから真空パックで優しく包んだ。
サブウェイのパンが潰れない程度に。

鮮度のもう一つの秘訣は冷たさ。
丸一日鮮度が持つように、大量の氷も用意

氷の上にサブウェイ載せて、いざ釣りへ
DSC00368.JPG

この状態で釣りに行きました。
少しでも鮮度がいいように、魚を入れるクーラーボックスに
入れて行きました。

で、次の日の釣り。
いよいよ待った、お昼時

クーラーボックスから出す
DSC00433.JPG

分からない、
どうだろう?

美味そう、いけそうじゃない?
DSC00437.JPG

フニャフニャしてない。
野菜もある程度シャキシャキ。

うまい!!
DSC00442.JPG

うまい!!
まさかの大成功!!

釣りしながらサブウェイ!!
最高!!

まさかこんなに美味しく保てると思わなかった。

釣り船でサブウェイ、最高
サブウェイを如何に美味しく釣り船で食べるか?
それだけに心血を注いだ釣りでした。
くだらなすぎるヽ(´∇`)ノ


JUGEMテーマ:食べある記|グルメ
JUGEMテーマ:釣り全般
 

船釣りでサブウェイが食べたい!!(前)

サブウェイが好きだ!
サブウェイが好きだ!!
サブウェイが好きだ!!!

何が好きって、美味しい。
美味しいのに超ローカロリー!!

ローカロリーな食べ物、まず量が少ない。
カロリー低いんだもん、そりゃ量が少ない。
満足する訳ない。

でもサブウェイは違う。
それなりに大きい。
少なくともコンビニのサンドイッチよりは全然大きい。
1.5倍くらいはある。
食べ応え、それなりにある。

そしてちゃんと肉。
ローカロリーな食べ物、肉がない。
肉の代わりに豆腐とか使ってる。
でもサブウェイは違う。
鳥、牛、豚、全部ちゃんと肉!!
しかも一口一口、ちゃんと肉が入ってくる。
なのにローカロリー、幸せ。

それなりにお腹がいっぱいになって、
ちゃんと肉が入っててだいたい300カロリー前後。
アボガドベジーなんて200カロリー台。
一日の基礎代謝、年齢性別によるけど、だいたい1200〜1500カロリー。
僕の基礎代謝はだいたい1500カロリー/日。
一食サブウェイでちゃんと食べても300カロリー。
サブウェイだけで三食なら、5コも食べられる。
五個食べても痩せる。

さらに、朝抜けば、夜にカツ丼ガッツリ食っても痩せる!!

朝抜いて昼をサブウェイにするだけで、
夜は何食っても太らない計算!!ヽ(´∇`)ノ

しかも昼のサブウェイ、美味いし、ボリュームもあるから
決して我慢じゃない。
神みたいなサンドイッチ。

だからサブウェイが大好きだ。
愛してやまない。
釣りにだって持って行きたい。
釣り船でサブウェイを思い切り食べたい。

釣り船、これがまた、とにかく腹が減る。
6時間ずっと揺れてる船の上に立ってる、すごいカロリーを使う。
自然な揺れに身体がまっすぐ立とうとして、足腰、体幹の筋肉を
微妙に使ってバランスを取り続ける事、6時間。
これは地味に疲れる、カロリー使う、腹も減る。
不規則に揺れ続ける地面の元、6時間立ったままで
ずっとバランスをとり続ける、これはすごい。
釣り、実はすごいカロリー消費。

釣り、すごい腹減るから、ついついコンビニ弁当やら、
おにぎりやら、ジャンクなモノを大量に船に持ち込み、
たいらげる。
ありえないくらい食べてしまう。
もったいない。
せっかくカロリー使ってるのに、それ以上にコンビニ飯で
腹をふくらます。

だって、釣り、朝4:00起きとかだから、コンビニのご飯くらいしか
用意できないんだもん。

「釣り船でサブウェイが食えたらどんなに幸せか」

いつからかそう思った。
ボリュームあるのにヘルシー、しかもおいしい。
釣り船特有の腹の減りもサブウェイのボリュームなら抑えてくれるはず。

「これだけカロリーを使う釣りをサブウェイでしのいだらきっとすごい痩せる!!」

そう思って以来、船上でサブウェイが食べたくてしかたなくなった。

でも、普通に考えると釣り船でサブウェイはまず食べれない。
だって、釣り船が出る漁港の近くにサブウェイは100%ない。
それに船が出るのがAM5:00。
そんな時間に開いているサブウェイ、たぶん存在しない。
だから普通に考えると、コンビニ弁当のようにサブウェイを
船上で食べるのは無理、努力が必要。

でもサブウェイを船で食べたい!!

小さな頭を振り絞り、やってみました。
長くて疲れたからまた明日。

JUGEMテーマ:釣り全般

最高に美味しいお寿司を渋谷で見つけた

 会社、七期が終わりました。
七年続いたんです。
小学校〜高校〜大学の友達だけで、お笑いで。
七年続いたんです。

七年間の僕含めてのみんなとありがとうと、
八年目のために、仲間一人一人とご飯を食べています。

普段はカウンターのお寿司屋、高いからホントに行かないけど、
記念日くらい行ってもバチは当たらないでしょ。

前から気になっていた渋谷のお寿司屋、五徳に行ってきました。

僕は母子家庭です。
死んだじいちゃんに溺愛され、おばあちゃんと母さんに
育てられてきました。

大学出たら社会経験無く起業。

僕、大人の男、おじさんに怒られた経験がないんです・・・

怒られた事もなければ、大人の男の人との会話の数が
圧倒的に少ないんです・・・

お寿司屋、恐くてしかたない・・・

ただでさえ知らない男の大人が恐いのに、お寿司屋さんと来たら、

「ご主人!!」
「大将!!」
「マスター!!」

お金払っているお客さんが店主を立ててヨイショしてる。
恐い。
店主の方が偉いなんて、どんなに恐い男の大人なんだ!?
おじさんが恐い自分、お寿司屋と聞くと、そう思ってしまって、
気後れしてとても行けません。
カウンターのお寿司なんて。

お寿司屋さんと二郎、釣り船の主だけは、客商売なのに
お金をもらう側が偉い、パラレルな世界です。

でも、五徳は違う!!
まず店主が若い!!
35才くらい?
高校の先輩感覚!!
これなら安心して行ける!!

事前に店主が若かった事を知り、
店主が若いのに「美味しい」で評判だったので、
前から気になっていました。

「ここなら行ける!!幸せ味が味わえる!!」
そう思って、会社の八年目の記念、ハシモトと行ってきました。


これが最高に美味しい!!
カウンターのお寿司、あまり知らないけど・・・

とにかく美味しい!!

お刺身三種
DSC00473.JPG
どうしたらこんなにキレイに盛りつけられるんだろう。
僕もよく釣りして魚をお刺身にするのに、、、
根本的に違う

稚鮎の天ぷらと豆腐とウニのテリーヌ
DSC00475.JPG
テリーヌ最高!!
豆腐のテリーヌ?
酔ってて覚えてないけどたしか豆腐。
テリーヌと違ってフワフワしてる。
フワフワしてるのにウニの甘さ、コク、最高!

そして、
ガッツリこってり系好きな僕には

ふぐの白子のバターソテーと左はちっさなご飯
DSC00478.JPG
これ、本当にもう幸せ味・・・はぁ

白子がこんなに美味しいって知らなかった。
白子、
「精子かぁ」
ってどうしても思ってしまって、いまいち楽しめませんでした。
でも、この白子は違います。
美味しい以外のナニモノでもない。
初めて知ったおいしさ。
半分食べたらご飯を入れて混ぜて食べます。

もう死んでもいい!
ってくらい美味しかった。

お寿司も本当に美味しかったです。

イカ
DSC00482.JPG


初めて食べた赤酢のシャリ。
ちょっとコクがあって美味しい。
米粒がちょっと大きめで、心なし固め。
口に入れるとほぐれる。
これ、握るときに絶妙に米粒と米粒の間に空間を作ってるの?

もーとにかく最高でした。

腹一杯食べて、お酒もけっこう飲んで一人10000円。
銀座だったら5万円はします。
銀座で寿司、食べたことないけど。

何かの記念日にお寿司を食べるときは、
もう五徳でいい!!
五徳以外考えられない。
そんなお寿司でした。

五徳
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13043203/

なにより店主が若くて気さくで気取ってないし、
優しいし偉そうでもないし、本当に入りやすい。

毎日が期末だったらいいのにヽ(´∇`)ノ

やっちゃった!?電話三台80万円

会社のシステムまわりを担当しているあっちゃん。
何かトラブルがあってもあっちゃんがいればすぐに回復する。
頼もしい。

でも、ものすごい天然。
本人は天然とはまったく思ってない。
時々、すごい事をやらかす。
あっちゃん、やっちゃった!!

あっちゃん、ネット&電話回線の営業を受けてきて僕に報告。

「大、ネット&回線費が年間16万円削減できる」

元々、四人の会社、ネット&回線費、たいして高くない。
なのにそこからマイナス16万円!?

16万円、うちみたいな小さな会社にはとても大きな金額です。
アルバイトの人の一月分のお給料を超える金額です。
これはすごい、これはホームラン級の成果。
でも頭のどこかで

「そんな事ありえるの?」

だからあっちゃんに

「もう一度よく調べてみて、それでよかったらやろう」

一週間後あっちゃんが

「調べたけどリスクないからやろう」

調べ尽くしたあげくにあっちゃんがそう言うんだから、喜んで実行。
これがものすごい落とし穴、罠。
ブラック企業にまんまと絡み穫られた。

回線工事が終わって会社に行ったら、
ものすごく古い2004製の電話が三台来た。

こんな電話が三台
DSC00468.JPG

そのリース料、月に9500円、七年契約。
途中解約すると、七年分を一括で支払い。
しかも僕がそれの保証人に個人でなってるヽ(´∇`)ノ

たかだか一台2万円程度の電話を
毎月9500円で七年間、798000円で買わされた!!
ぼろい電話が約80万円!!
七年間変えられない!!
しかも個人保証!!
会社がなくなったら僕個人が残りの期間のリース料を
払わないといけない契約!!
法人契約だからクーリングオフもできないヽ(´∇`)ノ

七年て、、、
七年後ってネットインフラどんだけ進化してんの?
どんだけ通信費下がってるの?
なのに七年先までプランを変えられない。
七年て、、、
うちの会社、ひいこらひいこら、
ストレスで酒浸りになって白髪を作ってやっと七年目。
さらに七年先!?
あるかどうかも想像つかないわ。

電話が恨めしくてしかたない・・・

こいつに
DSC00469.JPG

こいつに
DSC00471.JPG

こいつで
DSC00468.JPG

七年間80万円のお買い上げ!!

でも、あっちゃんの名誉のために言うと、
これは決して間違ってない。
七年後に会社がないイメージで経営なんてしてない。
七年間これを使えばいいだけ。
と、自分に言い聞かせてみる。

毎年16万円浮く。
七年間なら116万円!!

これはすごい!!
だから間違ってはない。
会社のためを思ってやってくれたすごくありがたい事。
でも、僕の心がまた一つ、何かの鎖でつながれた。

まあ、そのうち忘れるからいいや。
電話、使いにくくて仕方ないヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:社長日記
JUGEMテーマ:経営