自転車の旅二 お伊勢参り

 五年ぶりの自転車の旅、久しぶりの一人旅。
出張を口実に、いい気なもんだと思う。

でも

夜中に500M近く、超近距離から尾行され続けて、
恐すぎて通報した僕、


通報した後、恐くて警察署に駆け込んでマイルドに門前払いされたヽ(´∇`)ノ
DSC03661.jpg

柔術のセンセイからすると

「あー、ミヤタニさん、それ心の病すよ、
 たぶん尾行なんてされてないす、町で笑ってる人は
 みんなミヤタニさんを笑ってるす」

僕の心の病、心の闇が作りだした虚像による尾行。

今まで、

・強盗説
・ホモによる痴漢説
・知り合いと勘違いした説

いくつかあったけど

ここに新たに

・ミヤタニ自ら生み出した虚像、心の病説

が加わった。

確かに。
どおりで、
銭湯では二回も、ホモのおじさんにジロジロ見られて、
銭湯内をつけ回されたりした訳だ。
DSC02292.jpg

あれも僕の心が作りだした虚像。
ああ、僕、疲れてるんだ・・・

と思い、町中の人が僕を笑っている気がしながら、
伊勢へ自転車の旅、一人旅。

廻る順は外宮から内宮。
僕は三回も伊勢に通った伊勢マスターだ。
外宮→内宮こそが伊勢の定番、僕が決めた。
DSC03696.jpg

式年遷宮があって、本殿の左奥に、新品の本殿がある
DSC03698.jpg

何十年かごとに、まったく同じお社を隣に建てて、
新しい方に神様を移して、また、何十年かすると、
隣に新しいの立てて神様を新しい方に移す。

これを繰り返してきてるから、伊勢神宮は建物そのものを
立てる技術がずっと失われてない、らしい。
詳しくは調べて。

お参りして、朝ご飯。

名物『伊勢まぶし』
なる看板が。

名物に美味いモノなし・・・
伊勢の名物って口に合わないんですよ、伊勢うどんとか。


甘くて、コシなくて・・・

でも、美味いモノなしと知ってて食べるのも、
旅ならではの楽しみ、うなぎ好きだし。

伊勢まむし
DSC03701.jpg

うな丼なんだけど、
ご飯が全部、甘いタレに絡めてある
DSC03700.jpg

うなぎのタレよりはサッパリした味のタレなんだけど、
要は、白米の部分がない、タレにコメが浸かりきったうな丼。
うなぎってタレで味がしっかりしてるから、白いご飯と
食べないとクドいじゃない。
一応からめてあるタレはサッパリしてはいるんだけど、
食べすすめるとやっぱりクドい・・・
白米と食べたい・・
名物に美味いモノなし・・・

でもいい!!

これが伊勢の味!!
後悔はあまりしてない!!

うなぎ堪能して内宮へ。
途中、猿田彦神社に寄る。
DSC03703.jpg

猿田彦神社は芸事の神様。
芸事が上達するそうな。

ジムに猿田さんていうプロ選手の先生がいるんだけど、
この先生のテクニックやばい。
僕は一生取れないであろう青帯を、わずか半年で取ったそうな。
きっと、名前が猿田彦という神様に似てるから、だと思う。
芸事の神様の名前を背負ってるからだと思う。

ちょっとでもあやかりたいからお参り。

本当は疲れたからベンチで休んだだけ。
そんなに信心深くない。

伊勢は外宮よりも内宮の方が人気があるんだけど、
たぶん人気の秘密はこの風景のせい。

内宮の横に流れてる川
DSC03709.jpg

内宮に行く人は必ず見られる風景。
このキレイさ
DSC03705.jpg

水も超キレイ
DSC03707.jpg

内宮参拝する時に渡る橋からもこの風景
DSC03713.jpg

正直、内宮の方が景色がキレイだから、参った感がある。
でも、僕は静かで地味な外宮が好き。

式年遷宮で、鳥居も新品、作りたて。
DSC03714.jpg

こんな感じで建物もできたてホヤホヤ
DSC03716.jpg

夏限定の赤福氷もできたてホヤホヤ
DSC03718.jpg

荘厳な雰囲気でお参りをしていたら、
周りで僕を笑ってる人が減ってきた気がする(笑)

伊勢参りを足早に終えて、
だって、飽きちゃうんだもん、現代っ子だから。
自転車で鳥羽へ。
鳥羽伏見の戦いの鳥羽。

なあに、距離にしてわずか20キロ弱。
5年前には、夜中に50キロ往復して、毎夜のように
羽田空港まで行ってた僕だ


片道20キロとか余裕。
余裕過ぎてこのまま浜松まで行っちゃうかもw

そのまま鳥羽まで自転車で向かった。
自転車なんか乗らなきゃよかったんだ。

自転車の旅一 大阪出張で逃避行

 前のブログでさんざん

『トミウカに負けたくないから倍練習する』

て言っておいて、もう妥協。
土日の練習を休んで、自転車の旅。

なんか、最近色々あったんす。

夜中に夜道を500メートルほど跡をつけられて恐くて通報したり
DSC03658.jpg

通報した事をあっちゃんに話したら

『そんなん警察迷惑っしょ、ていうか週三でなんか(柔術)やってるっしょ?
 倒せばいいっしょ?は?ナイフ持ってたら?そのためになんかやってるんしょ?』

て言われて
DSC03650.jpg

頭に来すぎて、一週間口聞かない&出社拒否してみたり
(だって会社行くとあっちゃんいるから・・・)

期せずしてまた人に嫌われてたみたいで、

「おいらはつくづく中年ナイフだなぁ」

なんて思ってたら、僕が勝手に親友と想ってる
大地の写真が素晴らしすぎて感動しつつ、
IMG_1054.jpg

柔術ではトミウカには負けそうだし、ボコボコにされるし、
心が折れて逃避行で神頼み!!!
無宗教でも頼れるものは何でも頼る!!!

伊勢、神頼みは半分冗談で、五年くらい前に友達と
自転車で行ったんだけど、
その友達、

寝坊するわ
サイフなくすわ
携帯なくすわ

で、一番の目的だった渥美半島のサイクリングロードに
着く頃にはすっかり夜で、サイクリングロード楽しめなかったの!!


サイクリングロード目的なのに友達の数々の
サボタージュ、こんなに暗くて何がサイクリングロードだ!!
五年越しに、恨みを晴らすべく、いい機会なので
伊勢に行ってみることにしたんです。

東京駅に着く頃には自転車が重すぎて、ぶん投げたくなる
DSC03665.jpg

ていうかこんなカッコで打ち合わせに現れたら、
ぶん投げたくなるのは打ち合わせ相手だと思う・・・

「こんなカッコで打ち合わせ、ありかなぁ・・・」

まあ、なしなんだろうけど、ビクビクしながら新幹線。
車両の後ろに置くと、ほら、自転車、邪魔にならない!!
DSC03667.jpg

座席に座る人のリクライニングも邪魔しないし、超オススメ。
二回しかした事ないけどもうすっかり自転車旅マスターですよ。

車中では、とにかく電源の確保
DSC03669.jpg

タコ足持ってくと超便利。
電源の確保と妥協する事だけには妥協したくないのが
最近のポリシー。

仕事するふり
DSC03670.jpg

飽きてすぐにお弁当。
DSC03671.jpg

東京→新大阪、二時間くらいしかない。
仕事してるヒマなんてない。
だって東京駅の駅弁はうまいんだ。

足りずにカツサンド
DSC03672.jpg

これこれ、甘いソースと分厚いカツ、男の子の好きな味だなぁ(井の頭五郎ちゃん風)

大阪ついたらうどん!!
DSC03673.jpg

打ち合わせ前の腹ごしらえ。
腹ごしらえが功を奏したのか、打ち合わせでは、
相手に事情を説明したから怒られず、
打ち合わせをキッチリ収めて、一路伊勢へ!
難波駅でテイクアウト用のお好み焼を焼いてもらう
DSC03674.jpg

近鉄特急来た!!
DSC03676.jpg

近鉄特急には自転車が置ける荷物置きスペースがある!!
DSC03677.jpg

すごく便利。
自転車が乗客に迷惑をかける心配もないからホッとして
さっきのお好み焼
DSC03679.jpg

食べてるとアッという間に伊勢へ
DSC03680.jpg

伊勢駅到着
DSC03681.jpg

問題なのは自転車を組み立てられるか・・・
DSC03682.jpg

なんせ、僕は一度も組み立てたコトがない。
正確に言うと、後輪をハズして、また付け直したコトがない。
この輪行袋に入れたのだって始めてだ。

開けてみた
DSC03683.jpg

妥協には妥協しないこの俺だ。
30分格闘して、ダメなら宅急便で送り返そう。
四苦八苦してたら、後輪ついた!!
DSC03685.jpg

完成
DSC03686.jpg

ホテルまで自転車、軽快に。
ただ、iphoneの画面が横向きになっちゃう以外は軽快
DSC03687.jpg

ホテル着いたら、併設されてる食堂がそそる。
DSC03690.jpg

伊勢の味
手作りぎょうざ

伊勢餃子なるものがあるらしい!?
名物か!?

行ってみる事にした。
伊勢餃子
DSC03692.jpg

味はいたって普通・・・
名物に美味いモノなし・・・
でも、餃子に紅ショウガが良く合う事が分かったから
良しとしたいと思う。
DSC03693.jpg

久しぶりの一人旅が始まった。

妥協と逃避行

 ものすごい色々無くて、ドキドキしながら、
けっこう色々あって、ドキドキしてて、
もうなんだかよく分からなくて、
出張を口実に一人旅に逃げた。

リュックと自転車で東京駅へ
DSC03665.jpg

出張に行く人の格好じゃない。
出張先の人、許してくれるだろうか?
自転車持って打ち合わせに現れるような、人、
受け入れてくれるだろうか?

仕事、
ものすごいちゃんとやっててくれてるから、
することがないの!!!
することがなさすぎて、お昼にラーメン三杯ハシゴしたりして

新宿二丁目のゴマ味噌、辛くて甘くてすっぱくてクセになる味
DSC03664.jpg


全然美味しくないと思ってた武蔵家も
味薄めで頼むと美味しい事に気づいたりして
DSC03663.jpg

〆は一蘭、辛さ6倍が最高
DSC03662.jpg


本当にものすごいやっててくれてるから、この件に関しては
本当にやることがなくて、こうまでやることないと、
小心者な僕はもうドキドキしすぎて心不全で死にそう。

「そんな心を整えるために毎夜、柔術をしています。キリッ!」


ジム仲間の練習風景


て言ったら、

『Mr妥協』

と僕にぴったりな柔術のキャッチコピーを喝破してくれた
心の達人Kさんに

「柔術で仕事サボってるの、言い訳にしてんじゃないですよ爆笑」

とこれまた喝破された。。。

Mr妥協。

なんてステキな響なんだろう。
僕は生まれてこの方、妥協する事だけには妥協した事が無い。
これからも自信を持って妥協していきたい。


この人は僕にとっての練習パートナー
絶対妥協しない人。


大人なのにこんな感じで、
中年から青年までものすごい年の差なのに、
年の差感じさせず

キャッキャ♪キャッキャ♪

してたら、
釣り師匠で、中学から友達のトミウカが柔術に入った!!
DSC02795.jpg

トミウカ
『柔術かーいいなぁ、やってみてーなー、俺、向いてるから、寝技』
『体格差あるんだから、正直、ダイに絶対負けないよ』
『俺、プロレスごっこやってきたから、悪いけどダイに負けないよ』

僕が柔術始めてあとちょっとで二年。
この二年近くの間、飲んで柔術の話すると絶対トミウカ、こう言うの!!

『だったら体験してみようよ、柔術着着てたら負けはしないから』

って言ったら本当に体験に来た!!
しかもトミウカ、初日で四つも技を覚えやがった!!
僕は三ヶ月でやっと四つなのに、、、

正直、トミウカには才能がある。センスがある。

『本当に始めたらヤバいなぁ・・・』

って思った。
思ったら、もう入会までしやがった。。。
入会したら、もう、スパーリングで勝ってた・・・

二年弱先行してるから負けないよ、今はね。

でもね、
僕が五年続けた時、トミウカは柔術歴三年。
五年と三年て、もうそんな差って気がしないじゃない?
もし僕が妥協しながら十年続けてみ?
トミウカは八年でしょ?柔術歴。
十年と八年なんて、もう差じゃないよ。
しかもトミウカ、センスあるし。
下手したら半年後、負けかねない。マジで。

妥協に妥協はしたくない。
でも、ちょっとでもトミウカに負けるまでの
時間を遅らせたい、時間を稼ぎたい。

心を整えるためにも、暇つぶしのためにも、
どんなに妥協した練習をしようとも、
トミウカの倍、柔術に通いたいと思う。
僕がトミウカに勝てるのは時間だけ。

本当はもう一人、

『柔術やりてーなー』

って言ってた人がいたんだけど、トミウカは本当に始めた!!
極論申すと、

『柔術やりたい』

って言うのにやらないやつはバカ。
そんな事思いながらも、先週は柔術で悲しいくらいに
ボコボコにされて、逃避行ヽ(´∇`)ノ

袋に入れればね、ちゃんと。
新幹線の車両の一番後ろにちゃんと収まるんす、自転車
DSC03668.jpg

大阪出張口実の色々なモノからの逃避行、始まる。

小規模な6月

 お笑いとラーメン以外に、柔術しか興味がない。
先月、生まれて初めて試合なんてものをした。

人生初、あまりのインパクトだった。

あれだけの衝撃があるとソレ以上、もしくは
ソレ並みの事なんてないから書くことが本当にない。

仕事も今は待ちだし。
そういや待つのってこんなに辛いと思わなかった。
今や僕の仕事の主戦場は完全にスマホ、スマホ時代。
スマホ世界で生きていくために生みの苦しみ。
大石内蔵助の心境。
いや『ただ待つ』ってものすごく精神的に辛いんだけど。。。
大石内蔵助すごい、時が来るまでアホのように
遊んで楽しそうに見せきっていたんだもの。
生みの苦しみももう少しで終わりそうだけど、
まあ、書くほどの事ではない。

仕事というかお笑いの事で言うと、

『絶対に売れると信じて疑わない』

フラミンゴの辻本さんが結婚した。
DSC03639.jpg

絶対に売れると信じて疑わないまま、
気がつけば12年。
フラミンゴの結成から見続けてきて、
フラミンゴ誕生の時から

『絶対に売れる』

この思いだけは12年間変わらない。
もう12年経つけど・・・

そんな12年のつながりと歴史のある
フラミンゴの辻本さんの結婚バーティー。
うちのあっちゃん(同級生)はやはり期待を裏切らない。
浮浪者顔負けのシワクチャのシャツで来た。
DSC03643.jpg
エリ、内側に折れてるし!!
僕の柔術着もシワクチャだけど。
僕のはいつも洗いたてだ。

色々と待ってる間、
クレジットカード不正利用で10万円使われたり、
今日、朝起きたら、左手小指だけ1.5倍に腫れたり、
IMG_1028.jpg

ある芸人さんに勝手に僕のアカウントで
出会い系やられたりしてた事がわかったり、
色々と災難。

災難がありつつも、友達の奥さんが突然、
宇宙とつながってヨウコ(嫁さん)がヒーリングしてもらったり、
ラリー遠田さんのイベントでKIKC☆さんという、
サイキック芸人さんを知り、中学以来封印していた
オカルト好きの封印が解かれたりと、不思議と
オカルトな出来事が続いて面白い。
今月も変わらず小規模な一ヶ月。

七月はアホみたいに柔術をやりたい。

一月たって思うけど、
「柔術やりたいなぁ」
って言ってやらない人はやっぱりバカだと思う。

柔術初試合と多幸感

 柔術の試合にはじめて出てきた。
試合前の一週間はもう、本当にありえないくらい精神不安定。
家だろうが会社だろうがジムだろうが、
ドコソコかまわず、突然心臓がドキドキ鳴り出したり、

「こんなに弱いのに出てどうすんだー!!!」って
今更分かってる事なのに自信喪失してみたり、

「どうしたら試合出なくてすむんだろう、家族の誰か
 死んだことにするか」
とか、とにかく試合に出ない方法を本気で考えてみたり、

死んだ事にしようと思った候補一「おばあちゃん」

理由、90歳越えてて実際、いつ死んでもおかしくないから

死んだ事にしようと思った候補二「あっちゃん」

理由、尿路結石だし、80キロ越えてて実際いつ死んでもおかしくないから

そんな事考えるくらい、
とにかくもう一週間、何言われても何話しても上の空ヽ(´∇`)ノ

「こんな思いするなら出るんじゃなかった」

て、本気で後悔してたんだけど、
ふと

「こんなの中々ない、せっかくだから試合までの過程そのものを楽しもう」

て思って、楽しんでみる事にした。
だって、柔術で試合なんてなかなかないよ?
まず、なにより

柔術やってないと出れない

やってない人は絶対に出れない、それに出られるという特権!!
この特権を味わい尽くす事にした。
普通に日常送ってたら、まずこんなに挙動不審になったり
精神が不安定になる事はない。
柔術始めたからこそなれる。

そう思ってから、とにかく試合までの全てのコトを
楽しんでみることにした。
僕はただのおじさんだけど、
まるで競技者のように

サウナスーツみたいなの着て雰囲気満点でジョギングして減量
毎日毎日、まるで体育会系の大学生のように練習漬け
なんとなくカッコイイから、勝手に肉抜き
格闘家気分で「つらいわー」言いながら毎日サウナで水抜き

そもそも減量はまったく必要ない体重だったんだけど・・・
計量が心配で、アホみたいに気分出した結果、
試合当日

アホみたいにジョギングしたせいで、
足全体が筋肉痛、疲労感満載ヽ(´∇`)ノ
前日にサウナ入ったせいで逆にヘトヘトヽ(´∇`)ノ
水抜きする必要ないのに水抜いたから喉カラカラヽ(´∇`)ノ
肉抜きなんて無駄な事したせいで力も出ないヽ(´∇`)ノ

「減量だー!!」

って勝手にテンション上げて野菜中心の肉抜き生活・・・


いつも通りにすごしてた方がよかった・・・orz
肉食べたいし!!
チカラ出ないし!!!
でも、この無駄な事をしたおかげで、こっこう楽しく
試合前の雰囲気を楽しんで、いよいよ当日!!

会場、五人に一人くらいが外国人・・・恐い
DSC03598.jpg

英語とポルトガル語の案内?恐い・・・
DSC03606.jpg

ここまで来ると、相手が強かったら相手が勝つだけだし、
僕が強かったら僕が勝つだけ。
それに相手も白帯。
さんざん青帯や紫帯の人達、センセイや黒帯の人達にやられてきた。
相手が色帯の人より強い訳はない。
色帯の人達より強かったら、相手は白帯じゃない、青だ紫だ茶だ黒だ。
相手の人より強い人達に僕はやられてきた。
まあ、僕と同様に相手の人も色帯の強人に練習で
さんざんやられてきてるから同じだけど・・・
今まで僕をやってきた強人よりは確実に弱いはず、
だって同じ白帯。

そう思うとあまり緊張しなかった。
でも結果は見事に負け!!!

2分で折れた!!
心が折れた!!
もう無理!!
試合、疲れすぎ!!

ていうか相手、全力すぎ!!
勝つ執念がすごすぎ!!
当たり前だ、試合だ・・・

技量、体力、執念、練習の背景、
全てにおいて僕に勝つべくして勝ってった。
相手の人、試合終わった途端吐いてた。
吐いてまで勝とうとしてた。

僕に勝った人は当然勝ち進む。ヘトヘト
DSC03607.jpg

僕と戦った人優勝してた
DSC03608.jpg

試合そのものはものすごく楽しくて、
負けてもまったく悔しくなかった。
ていうか、全力の相手と5分間、緊張する余裕すらなかった。

試合負けたけど、こんなに全力な5分間は生まれて初めてで、
相手も全力ならこちらも全力、生命力と生命力の生のぶつかり合い。
これはもう異常自体。
脳から何か分泌されてもおかしくない状態。
たぶん生まれて初めての量のアドレナリンが出て、試合後、
信じられない多幸感。
こんな幸福感を感じたことは今までなかったと思う。
負けたんだけどね。
負けてこれだけ幸せって僕はものすごい幸せ者だと思う。
だから勝てないんだけどね。
もうものすごい多幸感なの。
負けたくせにその日はずっとありえない多幸感。

ジム仲間のしのPは優勝して見事に青帯!!
DSC03609.jpg

青帯取れるってすごい。
試合に勝つんだから。
僕はもう試合の途中で完全に心が折れてたもん。

たとえ勝てても次で無様な負け方するだけ、もういいわぁヽ(´∇`)ノ

て心の中で思ってたくらいだし。
そんなハードな試合を勝ち抜くなんて本当にすごい。
僕には青帯は一生無理!!

あまりの多幸感で、みんなと別れて一週間ぶりの
ラーメンヽ(´∇`)ノ

九秀が潰れた今、美味しいとんこつは数少ない
DSC03610.jpg

一週間ぶりのラーメンと肉!!
DSC03611.jpg

月火と暴食して思い切り休んで、考えてみた。

試合、正直すごく楽しかった。
でも、課題がたくさん見つかった。
今の僕は何回出ても勝てないと思う。
楽しいからそれでもいいんだけど、
それは、ジムにもジム仲間にも、相手にも失礼だと思う。

だから、とりあえず練習する事にした。
試合前と同じテンション心がけて練習する事にした。

「マイル余ってるから、余ったマイルでどこか行こう」

とか思ってたけど、やめた。
正直、試合後の多幸感に比べたら旅行、全然物足りない。
それに旅行とか言ってる間、練習できないからもったいない。

たかだか一回出ただけ、しかも
たかだか一年半やってるだけ。
にわかもにわか、初心者。
でも、あえて言う。

柔術、やりたいと思ってるのに始めないヤツはバカ、異論は認めない

「柔術やりたいんだよなぁ」

て言う人が何人かいたの。
僕なんてやりたくなかったのに、楽しくなったのに、
やりたいのにやらないなんて完全にバカ。
やりたい人はみんなやってみればいいのに。

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

白人マッチョゲイにお尻触られて、柔術初試合

 きっかけはハワイ。
外国にほとんど行った事ない僕が、
二年前、ダイジュに誘われてハワイに。

夜、生まれて初めてクラブに連れてってもらった。
DSC03871.jpg

ただでさえ初に近い海外旅行に、初クラブ。
緊張してお酒ばかり飲んでいたから、自然、尿意も近くなる。
クラブのトイレでオシッコしてたら、

サワリ
さわり
触り♪

突然後ろからお尻を触られた。
マッチョな白人に!!
しかも三人いるヽ(´∇`)ノ
僕は諦めの早さだけは誰にも負けない自信がある。

「あー、これレイプだわ、これから犯られるんだ、
 お尻、ただでさえ切れ痔だからすげー血出るんだろうなぁ」

なんて、心の中ではすっかり諦めてて、
まあ、結局何も無かったんだけど、マッチョな白人達に
ゲラゲラと笑われて、、、まあやっぱり悔しい。
二度とあんな思いしたくないし、
何よりも他人に力で屈辱的な思いを強いられたくない。
で、単純だから頭に浮かんだのは

護身

で、護身て意味で一年半前、
リバーサルジムの門を叩いたはずだったんだ。


殴って蹴って、投げて、絞めて、極めて


MMA、総合格闘技ってやつが一番現実的な
護身だと思って、門を叩いたはずだったんだ。

でも、フックが打てなくてアッサリ挫折ヽ(´∇`)ノ
ジムで並行してやってた柔術はクソみたいに下手ヽ(´∇`)ノ
下手クソなのに耳が湧いてきたしヽ(´∇`)ノ
IMG_0314.jpg

下手クソなのに耳だけ立派に湧いてるて、恥ずかしすぎる・・・orz

結局、耳の血を抜いて、耳は湧かなかったんだけど、
去年の今頃は下手すぎて何回も「もう辞めよう・・・」て思ってた。
だって、何してるかも何されてるかも分からないし、
行ってもボコられるだけなんだもんヽ(´∇`)ノ
辞めるのは簡単だけど、自分に悔しすぎて、

「とにかく習慣にしてしまえ」

そう思った。
ほら、勉強できる人って勉強するのが当たり前、
勉強という行為が習慣になってたりするじゃないですか。
楽しいも嫌もなく、もう完全に習慣、オートマチック。
習慣という日常にしてしまえば、
苦手意識すら習慣の中に組み込まれて、
考えなくなると思って、、、

去年の夏くらいから行ける日は毎日行くようにした。

相変わらずジムでは一番下手だから、
絞められ、極められ、投げられ、ヘトヘトの日々。

毎日のようにやってて、ふと気づいた。

「?護身で始めたのに打撃から逃げてなぜに柔術?
 トイレで寝っ転がるの?」

護身目的からは完全に外れている自分がいた。
それでも、行ける日は毎日、平均して週4は柔術を続けた。
習慣化なんて出来たコトがないから、よくサボったけど、
すっかり柔術が楽しくなってた。
相変わらず下手クソだけど、身体の使い方が
変わってくるのが楽しかった。

でも、試合は僕には絶対に関係ない事だと思ってた。
ジムの先輩達や同じくらいに入った人達は
どんどん試合に出て行く。
自然、

「宮谷さんも出ましょうよ、試合、面白いですよ」

て誘ってくれる。
でも僕、

ものすごい緊張しいだし、
何よりも試合なんて考えるだけで恐くて仕方なかった。
だってよ?
考えてみてよ

知らない人が5分間、思いっきり、
全力で全力で力の限り、
僕を

絞めあげようとしてきたり
関節を極めようとしてきたり
投げつけようとしてきたり
転がそうとしてきたり

他人がもう力の限り、力一杯。。。

想像しただけでも恐すぎる。嫌だ。
何よりも、もう全力てのが嫌だ。
全力て響きが恐すぎる、僕は生まれてこの方、
とにかく全力から逃げてきた人間だ。
一度も全力になった事ないし、
全力になられないようにコソコソと生きてきた。

身も心も全ての力が総動員された状態の人と向き合うなんて。
そんな非日常、体験したくもない。
ジムの人達に誘ってもらえても

「年内には」
「遠くない近いうちに」
「出る方向性で考えたいと思っています」

そう言い続けて逃げ続けてるうちに2012年は終わった。
ほぼ同期のムトウさんはどんどん試合に出て青帯になった。


15歳年下の柔術仲間のキングは
本番で固くなってしまう自分と、試合に出ることで
戦い続けてた。


よく一緒に練習してるし、キングの試合も見に行ったから
キングにアドバイスしようとしてビックリ。

「試合なんてさ、緊張して当たり前だよ」

て言おうとしてビックリ!!!
自分、試合出たことないじゃん!!!
キングに何も言えないじゃん!!!
言う資格すらないじゃんヽ(´∇`)ノ

一度も試合に出たことない自分は、ムトウさんや
キングと比べて"試合に出たことがない"という点において、
すごく大きな要素が決定的に欠けてる・・・
どうやら

試合も柔術の一部、一要素

ぽい。
それが僕にはない。
試合に出ない限り、僕は試合について何も言えないし、
試合してきたジムの人達と同じ目線に決して立てない。
だって出てないんだもん、試合。
そう思って、一念発起して試合に出る事にした。

なんなんだろう?
ハワイでお尻触られて、もう触られないようにしたかっただけなのに、
気づいたら柔術で試合。

寝技やるなんて一年半前には想像すらしてなかったし。
想像するだけでも恐かったのに、
日曜、試合に出てきた。
DSC03608.jpg
※ぼくじゃないす

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

九秀 大好きな心の一杯、閉店。

 煽り癖あるんで、
恨みを買う覚えはあるんですよ。

Facebook上で大ケンカしてみたり、
セレブぶって洒落臭い同級生を煽ってみたり
あっちゃんの酷い日常を晒してみたり

酔って怒って脱いだり
殴られたりする事も一度じゃないし・・・

ただ、煽るにしても、ものすごく丁寧に、静かに、
非礼にならないようにルールは守ってた
つもりなんですよ。

でもね、
ものすごく落ち込んだんです。

朝練に行くからtwitterで

「朝、起きたから朝練」


クソの足しにもならないような事をつぶやいたんですよ。
わかってますよ、だれもそんな僕の個人的な事聞きたくない。
でもそれがtwitterでしょうが。
嫌ならフォローしなければいいでしょうが。
つぶやいた途端、知らない人からリツーイトが

「宮谷アホかアホバカバカバカバカ死ね」

てリツイートが・・・
捨アカから突然。

もうテンションだだ下がりですよ。
朝練どころじゃないですよ。
ガラスの心臓ですよ。
もうガクガクブルブルですよ。

どういう神経、精神状態ならこんな事を他人に
対して言えるのか、正直理解が出来ずに意気消沈。

だって恐いもん・・・

頭おかしいとしか思えない、恐すぎる。
そんな事が先週あって、せっかくこの一週間、
大好きなラーメン屋が潰れたり、人生初の
柔術試合があったり、その準備をしたりと、
色々と個人的に書いて行きたい事があったのに、
恐くて書けない!!!

もう、寒さに震える子猫の心境ですよ。

まあ、すごく嫌な思いをしたのは本当なんだけど、

他人の悪意に自分の行動が影響される事ほど
もったいなくて、無駄で、馬鹿げたことはないなあと思い、復活。

僕、復活したし、九秀にも復活してほしい。
DSC00333.jpg

『心から、僕の人生で一番美味しい』

と今でも思えるラーメン屋さん。
煽られてビクビクしてる間に潰れちゃったヽ(´∇`)ノ

三年前にあまりの美味さに衝撃を受けて
DSC00433.jpg

通い詰めたあげくにtwitterで

「心の一杯が見つかった、もう豚骨は九秀しかない」

って呟いたら、その途端に泰蔵さんが、

『ほう、宮谷クンの心の一杯とやら魅せてもらおうじゃないか』

ものすごい影響力のある人なのにtwitterで公開の場で
僕のラーメン力を確かめに来た!!!!
泰蔵さんは九州出身、当然、豚骨にはうるさい。
何よりも、いつも僕に真摯に向き合ってくれる、
僕にとっては恩師みたいな人だから、裏切りたくない。
勝手にもものすごくびびってしまって、
泰蔵さんのあのつぶやき以来、

『本当に九秀が心の一杯かどうかを確かめる旅』

が始まった。

・気になる店
・名店と言われる店
・昔食べて美味しかった店

「とにかくこの三つをしらみつぶしに確認していって、
その上で、九秀が一番なら泰蔵さんを連れて行こう」

そう思ってから、はや三年間。
ラーメンを食い続けてきた。
あまり大げさではなく、ほぼ毎日。
お昼に二杯も当たり前。

でも、やっぱり、心の一番は九秀だった。

心の一番か確かめるために、学生時代に毎夜、
ラーメンを食べ歩いてた、ダーマスやあっちゃんを
連れてったりもした。
DSC02359.jpg

友達も沢山連れてって確かめた。
DSC02371 (1).jpg

ダイジュもさんちゃんもヤマモリも、それから通ってくれた。

あまりにも九秀が好きすぎて、僕たちのテレビ番組の
ロケでも使った。

ギースのオゼキさんが突撃
DSC00340.jpg

その時に、美味さの秘密を教えてもらった。

羽釜で炊く豚骨、地獄の釜のようにグツグツ
DSC00348.jpg

呼び戻しと言って、継ぎ足し継ぎ足しつづけるスープ
DSC00345.jpg

間違いなく心の一杯。
DSC00336.jpg

あんなに透明感があって濃厚でバランスのいい
ラーメンを出せるのは九秀しかない。

九秀の店主も、いつかどこかで復活してほしい。

麒麟が閉店した・・・

 ラーメン女子大生じゃないけど、
ラーメンだけはガチで年間300食くらい食べてると思う。
平日の昼はほぼ毎日ラーメンだし、替え玉しない代わりに
ラーメンのハシゴしてるし。

あと、オヤツにもラーメン食べに行くし。

食べたラーメンを写真に収めるのが大好き。
これはもう、なんだ?
フェチか?
フェチなのか?

大好きなラーメンもこの写真で撮り収め。。。
DSC02229.jpg

このラーメンとはもうプレイできない・・・
一ラーメンフェチとして悲しすぎる。
あの豚骨スープの厚み、塩気のしっかりさ、麺の固さと短さ・・・
どれをとってもオリジナル。
麒麟にしか作れないオリジナル。
もう麒麟とプレイできない。。。

家系で大好きだった麒麟が閉店しちゃった・・・orz

高校の頃からラーメン食べ続けてると、
僕の行動半径にあるお店は、ほぼ行き尽くしてて、
最近はもう決まった店ばかり。

「家系なら麒麟だ」

とか

「打ち合わせが飯田橋だから博多ラーメンセンターだ」

とか。
年間300食、ラーメン食べてて、こうやってレギュラーに
なるってものすごく貴重なんですよ。
そんな中で僕の中で家系最高峰だった麒麟。
なくなっちゃったヽ(´∇`)ノ


麒麟の濃厚さと、太くて短い麺の食感。
町田家でも



谿豌箸任
DSC04708.jpg

武道家でも
武蔵家.jpg

ラスタでも


味わえない。
名店がまた一つ消えた。
美味しいお店がなくなるのって、心に穴が空いたようで悲しい。

「昔、ここに美味しい店があったんだよ」

って年配者から聞くたびに心の中で

『美味しかったら残ってるっしょ!!年寄りがよく言うあるあるヽ(´∇`)ノ』

って思ってたけど、
しみじみ分かるようになってきた。
心の底から好きな店が亡くなるって辛い。

新島で犯罪者扱い

 柔術で充実するまで、釣りで充実しようとしてた。
元祖釣りバカ、趣味を通り越してライフワークが
釣りなトミウカ(中学から)を師として、
毎月釣りしてた時期もあった。

思ったんだけど、釣りはトミウカの趣味。
こうして柔術っていう一生続けていきたいと
思える趣味が見つかってみて、思った。
トミウカのような熱意はないし、持てない。

「釣りはトミウカのモノなんだなあ」

今回の釣りでしみじみそう思った。
人それぞれ「一生続けたい」と思える趣味、
ライフワークになる趣味があるって幸せな事だと思う。
トミウカはそれが釣りであって、僕は今のとこ柔術。
違くて当たり前。

トミウカのようにライフワークにはできないけど、
釣りは大好き。

特に新島の釣りが好き。
トミウカと恒例の新島釣りに行って来た。

今回はジェット船での往復
DSC03530.jpg

なんと飛行機で有名なボーイング社製!!
この船のおかげで4時間で新島に行ける。
DSC03535.jpg

一眠りしたら
DSC03539.jpg

そこは異世界
DSC03546.jpg

下船時にチケットの半券をなくして、新島に上陸する際に
船員さんに犯罪者扱いされたヽ(´∇`)ノ

「チケットの半券は必ず持っていてください」

ってアナウンスしといてよ!!
逆恨みじゃ無いけど、「チケットの半券を持ってろ」
って言われてたらもっと意識してたよ。
ゴミ箱に捨てたような気もするし、
バックの奥底にくちゃくちゃにしまい込んだ気もするし、

とにかくどうしても見つからない・・・

船員さん

「船の中にいたんだからないはずはないでしょう!!!」

最終的に、衆目がザワザワと僕を白い目で見る中
名前、電話、住所を書かされて、やっと下船が許された。
もう完全にタダ乗り扱い、キセル扱い、犯罪者扱い。
まあ、なくした僕が悪いんだけど、とにかくものすごく恐い。

犯罪者のような扱いをされて落ち込みつつも新島上陸
DSC03548.jpg

上陸したとたん、ポッケの奥底から半券見つかった・・・
後の祭りヽ(´∇`)ノ

東京都とは思えない景色と海の綺麗さ
DSC03549.jpg


この透明度
DSC03556.jpg

さっそく釣り開始
DSC03559.jpg

本当はこの日は風が強くて釣り船が出なくて、翌日から
釣り始めたんだけど、説明めんどくさいから
早速釣り開始
DSC03560.jpg

開始早々で常連さんが釣ったのが30キロはあるクエ!!
DSC03562.jpg

幻の高級魚!!
モロコとかクエとか言われてる。
天然モノはありえないくらい高い。
こんな大きな魚が釣れるの初めて見た。

釣り船はこんな感じ
DSC03567.jpg

殺伐として荒々しい漢の世界。
7時間ほどイサキを釣って、夜はアカイカ釣り。
DSC03573.jpg

朝五時から夜11時までノンストップで釣り。
DSC03576.jpg

赤イカ釣り
DSC03578.jpg

朝五時から釣りっぱなし、疲労困憊。
この釣りで釣る赤イカ、地元新島でも一匹1300円する。
都内だと料亭とかにしか出回らない高級魚らしい。
確かにありえないほど美味い。
甘さと弾力、モチモチ感が最高。
赤イカ食べると普通のイカはゴム。
帰って赤イカの刺身
DSC03580.jpg

食べきれないイサキは干物にして、
絶品のイサキの干物
DSC03583.jpg

船で絞めて血抜きしてるから、
鮮度最高。
こんなに美味しい魚は釣りしないと食べられない。
釣りって正直色々とめんどくさい事はあるけど、
この新鮮さと魚の美味さを知ってしまったら、
もうやめられない。

イサキと赤イカのイカスミパスタ
DSC03581.jpg

正直、これはやばかった。
赤イカのイカスミ最高。
レストラン越えるレベル。

新島の釣りが大好き。
釣りバカのトミウカに憑いてく感じで、
これからも釣りしてく。
この味のためなら犯罪者扱いも甘んじて受け入れる。

AirAsia(エアアジア)は楽しい

 ANAでマイル貯めてる。
ANAのサービスに感動してる。
でも、今回は目先の安さに釣られて、
エクスペディアでLCC、エアアジアで行くパックを選んだ。

ANAだと40000円
エアアジアだと23000円

圧倒的に安い、でも、エアアジアの発着がまさかの成田。

エアアジアは赤ワインも有料(700円)だし、
この時点で追加でかかったお金を足すと27400円。。。
帰りも成田で交通費がかかるから、3万円超えは確定。
ANAと1万円しか変わらないヽ(´∇`)ノ

「ANAならラウンジ使えたのに」
「ANAなら、席空いてたら無料でプレミアムシートなのに」

ブツブツ言いつつも、初のLCCが楽しい。

札幌空港に行ったら温泉がある!!
DSC03499.jpg

風邪引いてるのにヨウコを置いて風呂に入って、
飛行機に乗ろうとしてビックリ。

座席がバラバラ・・・

たかだか一時間半、別にバラバラでもいいんだけど・・・
「席一緒になりませんか?」って言ったら、
プラスで300円/人かかると言われた。
1200円/人払うとナントカっていういい席に座れるって言われた。
せっかくだから、1200円/人のいい席にしてもらった。

赤い席。
DSC03501.jpg

座席自体は普通のと違うけど、足の余裕が違う
DSC03502.jpg

足が軽く伸ばせる!!

ちなみに1200円払わないとこの狭さ。
DSC03438.jpg

1200円でかなりゆとりがある。
1200円のゆとりでテンション上がってはしゃいでたら、

痛い!!!!

突然、指に激痛が走った。
正直、カマイタチが現れたんだと本気で思った。
指見たら、かなり深く切れてて血も出て来る・・・
DSC03504.jpg

カマイタチの原因は窓だった
DSC03503.jpg

この窓の隙間、超鋭利なの!!
指をこの窓の隙間に擦ってしまったら、
隙間が鋭利だから切れたの。
こういうのって丸くするじゃん!!
特に飛行機とかなんか公共の乗り物ってさ。
僕みたいなバカがいる事も想定して作るんだからさ。

暴力振るうなんて、、、
洗練されててステキな人と思ってたけど、
エアバスありえない・・・

こんなんなら無骨でも優しいボーイングにすればよかった・・・
787の彼ならこんな事は起きない!!


継ぎ目ないし


そもそも787、今、トラブルで飛んでないけど・・・

思わぬ切り傷でハイテンションからご臨終。
腐ってたんだけど、
腐ってたんだけど、、、

エアアジア最高ヽ(´∇`)ノ

CAのキャプテンが茶髪でツーブロックでアジア系
な髪型な日本人だったんだけど、ANAとかだと
真面目な機内アナウンスが
もう
まるで
ディズニーのジャングルクルーズ。

「私、客室乗務員の木村拓哉、のような容姿に生まれていれば
 もっと楽しい人生を送れたと思います、私○○と、
 好物はティラミス、最近犬を飼いました○○、そして・・・」

て感じで客室乗務員の紹介アナウンスにギャグと
そいつの私生活、パーソナル情報をいちいち入れてくるの。
これが、下らないんだけど、実に和む。
お客さん、拍手なんかしちゃったりして。

最後には

「皆様の一生の思い出に残るような楽しい便にしていきたいと
 思います、よろしくお願いいたします」

って。
楽しい便にするって、ジャングルクルーズの司会かよ。
楽しさなんてCAさんに求めてなかったし、求めようと
思った事すらなかった。
こんなサービス・接客スタイルもあるんだと感心した。

ANAとかってものすごく礼儀正しいけど、逆。
ものすごくフレンドリー。
これがものすごく身近さを演出する。
こういうエンターテイメント感、初めて。
悪くない、いや、むしろ最高。

ノリノリでお酒も進む。
700円するのに赤ワインを2本飲む。
この時点で、けっこう余分に払ってる。

酔いも進んでるんでキモチも大きくなって
「少しくらいの出費くらいいいわい」
って思いながら茶髪男性CAキャプテン見たら

見たら!!

隠れてサンドウィッチとコーラ飲んでる!!!
DSC03506.jpg

ちょいちょいコップにギャレーから出した氷入れて
コーラ飲んでる。
良い匂いするなぁと思ったらホカホカのサンドウィッチ食べてる!!
さらにカップ麺まで!!

なんかすごく「いいなぁ」と思った。
飯食うヒマなんてないんだよ、LCCは。
その位忙しいんだ。

忙しい合間をぬって、隠れるように(隠れきれてないけど笑)
掻き込むようにアリモノのご飯を食べる。
なんて人間的なんだろう。
食べるという行為は素の人間を映し出す。
CAというちょっと特別な職業と思ってた存在も、
当たり前に飯を食う。
ああ、CAも僕と変わらないんだなぁ、人間なんだなぁ。
当たり前だけど、盗み食いをする様を通して
CAの人間らしさが垣間見えた。

もう、暖かみがあって最高。
なんかCAの人達、みんな一生懸命すぎて、
学園際みたい。
学園際の出し物が飛行機。
手作り感とがんばり感に心打たれた。

心打たれたと思っているうちに成田に着陸。
札幌はもはや近所。

心打たれながらも
「タラップ来ないな」
と、思ってたら
これ!?
DSC03507.jpg

え?引っ張る車は?

地上スタッフが押してきた!!
DSC03509.jpg

超アナログ!!
押してきた!!
DSC03512.jpg

人力でドッキング!!
DSC03513.jpg

最後まで手作り感満載!!
最高。

タラップ降りたら飛行機が間近
DSC03519.jpg

飛行機好きにはたまらない。
当然帰りも成田空港とは思えないプレハブ
DSC03524.jpg

工場みたい。

行き帰りの成田までの交通費や赤ワイン代、
席のアップグレードを足すと、今回かかったのが

エアアジアで行く札幌の旅二泊、32500円/人
ANAだと40000円

ちょっと安いけど、もしANAだったら

・羽田で簡単
・ラウンジ使える(SFCカード持ってるからの特典)


・空いてたらプレミアムシートがタダ(SFCカード持ってるからの特典)
・片道一時間は短縮
・マイル溜まる
・・・

快適さ的には安物買いの銭失いではないけど、
ANAで組んだ方が快適だったと思う。

でも、
でも、
でも!!

エアアジアの手作り感、がんばり感、
エンターテイメント感は最高。

お金もかからなかったし悠々人生!!